一般口座と特定口座の違いって?

初心者の「何から始めたらいいのかわからない」「株の買い方は?」などの疑問に答えます!
初めて株式投資を行う初心者の方のための予備知識としてお役立て下さい。

口座の違いと選び方

株の初心者が口座開設の際にぶつかる壁が一般口座特定口座のどちらで口座開設をした方がいいのかが迷うポイントかと思います。

kouza1

上記2つの大きな違いは、税務申告の仕方が変わるということです。

株を売却して利益が出た年は申告しなければいけません。しかし、その申告が面倒に思う方もいるでしょう。

 

 

株を取引する際には証券会社に口座を開設する必要があるのですが、その口座の選択によって申告の方法が異なってきます。
口座を作るときには必ず特定口座か一般口座のどちらかを選択します。
以下にそれぞれの特徴を挙げますので、自身の取引スタイルに合った口座を選んでください。

一般口座

申告の際は1年間の取引記録を自分で計算します。
短期売買が多いと計算が大変かもしれません。

特定口座(源泉徴収あり)

1年間の取引記録を個人に代わって証券会社が計算してくれるものです。
さらに、この源泉徴収ありを選択すると証券会社が納税まで代行してくれます。
しかし、証券会社を複数利用している人で、かつ取引も多い場合、税額はそれぞれの証券会社で計算されるため実際の利益より多く税金を取られてしまうことがあります。

この場合は修正申告をするか、下記の源泉徴収なしを選ぶことをお薦めします。
1つの証券口座で売買する場合は、この特定口座(源泉徴収あり)を選択されることをお薦めします。

特定口座(源泉徴収なし)

証券会社が「年間取引報告書」で税額を計算してくれています。
投資家はそれを元に自分で確定申告します。
上にも書きましたが、1つの証券会社で取引をしていて、申告を面倒だと感じている方は、源泉徴収ありを選ぶとよいかと思います。

複数の証券会社で取引をしていて、税金の面で損をしたくない方は、特定口座の源泉徴収なしで口座を作ることをお薦めします。

もうひとつ、特定口座で源泉徴収なしを選択するメリットとしては、源泉徴収ありの場合は売買を行い、利益が出るごとに20%の課税が自動的に行われるのに対して、源泉徴収なしの場合は、年間の取引での利益に対してまとめて自分で確定申告を行うため、資金が多く使えます。

例)
10万円で買い → 11万円で売却 1万円の利益
源泉徴収あり :1万円に20%課税されるので、口座に残るのは8000円
源泉徴収なし :1万円がそのまま口座へ(ただし最後に自分で確定申告)

どちらの口座にしても、税金がかかるのは株を売却して利益が出たときです。

仮に損失が出たとしたら税金はかかりませんし、保有している間に資産がどんどん増えていっても、売却しない限りは税を取られることはありません。

※譲渡損失の繰越控除
1年間の取引で損失を出し、翌年の取引で利益が出た場合、通常であれば出た利益そのままが課税対象になります。しかし、この損失を(特定口座で源泉徴収ありの人も)確定申告すると、翌年の利益と相殺することができます。

例)去年の損失が100万円、今年の利益が400万円だった場合
・申告しなければ今年の利益400万円に対して税金がかかります。
・申告すると去年との相殺で400万-100万となり、課税対象を300万円にすることができます。
損失の申告をすると最大3年間繰越ができますので、覚えておくと便利です。
参照:http://kabu.com/investment/guide/syoukenzeisei/sonshitu.html

株価はどうやって決まるの?

無料体験会受付中
無料体験会受付中