株はいくらから始めればいいの?

初心者の「何から始めたらいいのかわからない」「株の買い方は?」などの疑問に答えます!
初めて株式投資を行う初心者の方のための予備知識としてお役立て下さい。

運用資金の判断基準

株を始めるとして、実際いくらで始めたらいいのかについてですが、これからお伝えすることは、一つの判断基準としてですので、必ずこれがいいというものではありません。参考程度に考えてもらえればと思います。

いくらから始めればいいのか?ですが、早速答えを言ってしまうと、最低でも50万円~100万円の余裕資金を持ってスタートしたいところです。10万円でも株式投資は可能ですが、あまり少額の場合、買える銘柄というのも限られてきます。
また上限を考える場合「100-年齢=●%」で計算できます。

099084ここに出てきた数字の割合が、自分の持っている預貯金の中から投資に回していいとされるお金です。
たとえば、30歳の方であれば、100-30=70%ですので、最大で預貯金の70%までは投資に回してもいいとされる金額です。
仮に100万円持っていれば、そのうちの7割の70万円は投資に回してもいい金額と言えます。
この計算式は、単純に年齢が上がるにつれて、預貯金の中から投資に回していい金額の割合が低くなります。

その理由は、歳をとればとるほど、万が一投資に失敗した場合取り戻せるチャンスが少なくなるからです。

 

若いサラリーマンやOLの方の場合、洋服代や交際費に多くが回り、預貯金自体がそんなに多くない人がほとんどかと思います。また仮に投資で失敗をしたとしても、本業などでいくらでも取り戻すことが可能です。

しかし、定年を迎え退職された方が退職金を使って株式投資を知識のないまま始めて失敗してしまえば取り戻すチャンスは若い人よりも低いと思いますので投資資金は年齢が上がるにつれて比率を下げるのが妥当なのです。

投資に回してもいいお金の計算方法「100-年齢=●%」はその人が独身か既婚か、または子供がいるのか?などで変わってきますので参考程度に考えて下さい。

なお、お子さんがいる場合などは、算出した数字からさらに5~10%くらい減らして考えるといいかと思います。

配当金について

無料体験会受付中
無料体験会受付中