配当金について

初心者の「何から始めたらいいのかわからない」「株の買い方は?」などの疑問に答えます!
初めて株式投資を行う初心者の方のための予備知識としてお役立て下さい。

配当金の基礎知識

株を保有するということは、その企業の株主になるということです。
株主になるといろいろなメリットがあります。

代表的なもので言えば、株主優待です
これは、保有した企業の商品や割引券などがもらえます。

ディズニーランドを運営している、オリエンタルランドは入園チケットを優待にしているというのは有名なところです。

もうひとつが配当金です。

034549配当金とは、企業が業績に合わせて利益を株主に還元するお金のことです。
通常、年に1回の期末配当の場合と、中間配当を加えた年2回の場合があります。

この配当金自体も、企業によってバラつきがありますが、配当利回りで言えば、配当ゼロのところから利回り5%以上出すような高配当企業など千差万別です

 

配当利回りという言葉が出てきたのでここで「配当利回り」について解説します。

配当利回りとは、単純に、A社の株を買ったときに、何パーセントの配当がつくのか?ということです。

たとえば、A社の株価が100円だとして、配当金が1株当たり2円だとすると、

2円(配当金)÷100円(株価)×100=2%となります。

これが仮に、株価が値下がりして、80円になったとした場合、配当利回りは変わってきます。計算すると、

2円(配当金)÷80円(株価)×100=2.5%に変わります。

理屈は簡単で、株価が下がっても1株当たりの配当金に変化がなければ、安く買えた方が利回りは大きくなりますよね?

配当利回りが高い企業の場合、配当がもらえる時期になると、急激に株価が上がったりします。

特に日本の上場企業の7割が3月決算企業ですから3月末の配当取りに向けて株価が上昇しやすい時期に入ることを覚えておくといいと思います。

配当を実際にもらうには?

無料体験会受付中
無料体験会受付中