2015/07/23

◆G7HD【7508】がわずか5日間で21%の上昇達成!年初来高値更新!

こんにちは、株の学校 マナカブ.com講師の中山です。

 

日経平均は、ギリシャ問題、中国株暴落がやや落ち着きを見せた7/13から7/21まで6連騰する展開となりました。

 

ブログなどでも「この暴落はむしろチャンスであり、7月末に掛けて再び日経平均は上昇していく」とお伝えしていましたが、まさにその通りになりました。

 

今回の暴落の最中、他の銘柄と比べて下げていない銘柄を注目していたのですが、その中のG7ホールディングス【7508】が、注目した日よりわずか5日間で21.3%の上昇となりました。

 

G7ホールディングス【7508】1619円 → 1965円(21.3%上昇)

g71

 

また、今月頭より注目していたトラスト・テック【2154】も7/9は中国株ショックで大幅安からのスタートとなりましたが、この日は日経平均株価が600円以上下げた後、大引けにかけて全値戻しを起こし、プラ転で終えた日でしたが、トラスト・テックも結局はプラスで引ける展開となりその強さをみせていました。

 

そこから今回の6連騰の波に乗り上昇していき、こちらも本日年初来高値を更新し2620円の高値をつける展開となりました。

トラスト・テック【2154】2347円 → 2620円(12%上昇)

trusttech1

一応それぞれの中山式で目標株価を算出すると、

・G7ホールディングスが2500円オーバー

・トラスト・テックが2800円オーバー

ということになります。

もちろん絶対ではありません、あくまでも理論上のお話です。

※まだまだ上値追いが可能ですが、このブログを読んでこれから買おうとする方は自己責任でお願いします。

 

 

受講生の方は授業で教えているやり方でこの2銘柄見つけることが出来ていれば大きく利益が取れていると思います^^

 

他にも短期リバ狙いで注目していたアサヒグループHD【2502】、アネスト岩田【6381】、旭硝子【5201】など今回の反発の波に乗って上昇となりました。

 

アサヒグループHD【2502】

asahigbeer1

アネスト岩田【6381】

anest1

旭硝子【5201】

asahiglass1

 

もちろん、すべての銘柄がこのような短期リバウンドを起こすわけではありません。

チャートはまったく同じ形でも上がらない銘柄と上がる銘柄に分かれてくるのです。

 

たとえば

下落①

geraku1

これとか、

 

下落②

geraku2

これだとかは残念ながらリバウンドどころかさらに下値を模索するような

動きになっていることがお分かりいただけると思います。

 

特に下落②のチャートと旭硝子のチャートなんか出だしは非常に似ています。

旭硝子【5201】

asahiglass1

下落②チャート

geraku2

テクニカル(チャート)的には大きな下ひげをつけて底入れ完了と一般的には言われるようなチャートです。

 

でも同じ動きにならないんですよね。

不思議ですよねぇ。

 

だから何度も言っているようにチャートだけじゃダメだって言ってるのがこういうことなんですよ!

 

口すっぱく言っても多くの個人投資家はお手軽なチャートで銘柄分析をやるからこういう銘柄を掴んで無駄な損切りをしなきゃならんことになるのです。

まぁ損したいのであればご自由にどうぞ。

 

これを分かってるマナカブの受講生の方はこんな銘柄は掴まないようになります。

もちろん100%掴まなくなるかと言われれば需給で動く以上、仕込んだ後に多少眠たい動きをしてしまう銘柄も出てきます。

 

しかし、チャートだけで判断せずにきちんと財務データから銘柄分析が出来るようになり、短期で上昇期待の高い銘柄ばかりをピックアップできるようになるのです。

 

僕がやっている体験勉強会はこちらです
http://manakabu.com/taiken

ためになったと思ったらクリックお願いします

 人気ブログランキングへ

無料体験会受付中
無料体験会受付中
1 412 413 414 415 416 417 418 419 420 462