NEWS&TOPICSニュース&トピックス

◆日経平均、目先の目標点に到達

2022.06.10 レポート

おはようございます。株の学校 マナカブ.com講師の中山です。

 

【相場概況】

 

◆きのうの日米株価指数終値

 

日経平均株価 28,246.53 +12.24
TOPIX 1,969.05 -0.93
マザーズ 699.12 +19.90
NYダウ 32,272.79 -638.11
ナスダック総合 11,754.23 -332.04
S&P500指数 4,017.82 -97.95

 

きのうの米国市場は3指数揃って大幅に下げました。

 

9日にECB(欧州中央銀行)理事会が行われ、7月1日に量的緩和を終え、
7月の会合で0.25%の利上げを決定する方針を表明。

 

さらにはECBのラガルド総裁が記者会見で9月には0.5%の大幅な利上げ
実施の可能性を示唆したことを受けて、欧州株が大幅下落となりました。

 

ECBによる利上げのある程度織り込まれていたものの、9月に0.5%の利上げ
は市場へのネガティブインパクトとなり、下げを助長させる要因と
なりました。

 

5月の米CPIが今晩発表されますが、ECBによる拙速な金融引き締め策が
発表されたことでセンチメント(投資家心理)が弱まっていますので、
事前予想である前年同月比で8.3%を超える、もしくはほぼ同水準の
結果となるとインフレの高止まりとして受け止められ金利上昇、株安
へとつながるリスクがあります。

 

きのうの下げが大きかった銘柄は動画配信サービスのネットフリックス
が▲5%弱、アマゾンやアップルなどハイテクも▲3~4%の下落、
航空機大手のボーイングやキャタピラーなどの景気敏感株も下落と
なりました。

 

◆日経平均、目先の目標点に到達

 

日経平均はきのう、3月25日に付けた高値28338円をザラバ中の高値
で一瞬到達となりました。

 


(日経平均株価・日足チャート)

 

前回の高値や前回の安値はテクニカル的に意識されやすい水準で
そこを超えることが出来ればブレイクアウトで一段高していきますし、
超えきれない場合は、いったん下押しする展開となります。

 

本日はECB理事会による9月の0.5%利上げは寝耳に水だったとは言え、
今晩の5月の米CPIの結果を見極めたいとする動きから持ち高を調整
する売りが出やすい一日かと思います。

 


(4月のCPI結果)

 

前回、4月は3月の8.5%から8.3%に下がりました。
ポイントは前年同月比の伸びですが、赤枠で囲った昨年4月からインフレ
が急速に加速しました。
これを考えると前回の4月以降から前年比の伸びは加速した分鈍化しやすい
ため、市場参加者の多くは5月はさらに鈍化するという見方が大勢です。

 

見立て通り前月を下回る結果となれば、来週以降でもう一度この高値を
超えるチャレンジをしてくると思いますし、悪ければ利上げへの警戒感
が再燃し、27000円前後まで再度下落する展開になるかと思います。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

◆マナカブ公式ブログ
https://manakabu.com/blog/

 

◆Twitter
https://twitter.com/manakabu

 

◆Facebook
https://www.facebook.com/manakabucom

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を
負いません。投資に関する最終的な決定は、ご自身の判断でなさるように
お願いいたします。


一覧に戻る

ページトップへPAGE TOP