NEWS&TOPICSニュース&トピックス

◆FOMCで1.0%の利上げとなれば米株は年初来安値も

2022.09.20 レポート

おはようございます。株の学校 マナカブ.com講師の中山です。

 

【相場概況】

◆きのうの日米株価指数終値

日経平均株価 休場
TOPIX 休場
マザーズ 休場
NYダウ 31,019.68 +197.26
ナスダック総合 11,535.02 +86.62
S&P500指数 3,899.89 +26.56

 

きのうの米国市場は3指数揃って3日ぶりの反発となりました。
明日に控えるFOMC後の政策金利発表を前に先週、8月の米CPI発表
から大きく売り込まれていたこともあって、安値を拾う動きもみられ
米市場は反発する動きとなりました。

 

ただ、明日発表される9月のFOMCでは利上げが1.0%の可能性も浮上
してきていて、ここから上昇継続するか、再び反落するかは利上げ幅
次第といったところです。

(9月20日付け利上げ確率)

現状の市場での利上げ確率では+0.75%の利上げが81%、+1.00%
が19%となっており、市場の予想通りでいけば0.75%となります。

 

しかし、仮に1.0%の利上げが決定となれば、米長期金利上昇が
株安へとつながり市場にとってはネガティブインパクトとなって
きます。

 

◆FOMCで1.0%の利上げとなれば米株は年初来安値も

個人的にも0.75%の利上げに留めるとみていますが、8月のCPIコア
が事前予想を上回る結果となっているだけにFRBがインフレ抑制
に前向きな姿勢で取り組むようであれば1.0%の利上げも可能性
としてなくはないとみています。

(FedEx・日足チャート)

 

米大手物流のFedExは景況感悪化を理由に通期の業績見通しを
撤回。
これが嫌気されて16日の株価は20%強の大幅下落となりました。

 

バンクオブアメリカやゴールドマンサックスのストラテジストらも
「金利上昇が企業の収益を圧迫してくるのはこれから」と指摘
しており、仮に1.0%の利上げが実施された場合、S&P500は6月
につけた安値、3600ポイント台を割り込んでしまう可能性も
あるとみています。

 

逆に市場の予想通りに0.75%の利上げにとどまれば、むしろ
ハト派的と市場では受け止められる可能性もあり、目先反発
の動きが継続する可能性もあると思われます。

すべては発表されてこないことにはどちらに転ぶか分かりません
し、その内容次第で上下大きく動く可能性があるため、いまは
積極的に動くことはしないのが得策です。

 

発表後の値動きで方向性が出てからでも遅くはありません。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

◆マナカブ公式ブログ
https://manakabu.com/blog/

 

◆Twitter
https://twitter.com/manakabu

◆Facebook
https://www.facebook.com/manakabucom

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を
負いません。投資に関する最終的な決定は、ご自身の判断でなさるように
お願いいたします。


一覧に戻る

ページトップへPAGE TOP