NEWS&TOPICSニュース&トピックス

◆株価底打ちはまだこれから起こる

2022.10.27 レポート

おはようございます。株の学校 マナカブ.com講師の中山です。

 

 

【相場概況】

 

◆きのうの日米株価指数終値

日経平均株価 27,431.84 +181.56
TOPIX 1,918.21 +11.07
マザーズ 748.32 +10.68
NYダウ 31,839.11 +2.37
ナスダック総合 10,970.99 -228.12
S&P500指数 3,830.60 -28.51

 

きのうの米国市場はダウは小幅続伸、ナスダックは大きく下落と
指数まちまちの展開となりました。

 

BOC(カナダ中央銀行)がきのう政策金利を発表しましたが、予想
4.00%に対して、結果が3.75%と下回る利上げを発表したこと
から米国の長期金利も4.2%弱あったところから4.00%割れ
近くまで低下。

 

これを受けて取引前半は好調な動きを見せていましたが、
決算が重しとなりました。

 

決算発表がラッシュとなる米国ではハイテク株の決算発表が
されていますが、その主要ハイテク株のさえない決算に
より軒並み下落。

 

個別銘柄ではダウ採用のクレジットカード、ビザや建機大手の
キャタピラーなどは上昇、一方で昨日引け後に発表された
決算が失望となりグーグルが▲9.6%、四半期決算で売上の
伸びが過去5年間で最低となったことでマイクロソフトも
▲8%弱、メタが▲6%(本日の取引終了後に決算を発表し、
1株利益が予想を大幅に下回ったことが要因で時間外取引で
さらに▲19%の下落)、アマゾンも▲4.1%の下落と
主要ハイテク株が売られナスダック指数の下げとなっています。

 

 

 

◆株価底打ちはまだこれから起こる

 

きのうはハイテク株が重しとなり、米市場は冴えない展開でしたが
足元では12月からのFRBの利上げ幅縮小期待が根底にあり、下げが
限定的、上を目指す展開になってくる可能性はありますが、利上げ
幅縮小や利上げ停止が株価底入れのサインとはならないことには
注意が必要です。

 

ゴールドマン・サックス・グループのストラテジストも
「米国株が底を打つ条件が整った様子はまだ見られない」と25日の
レポートで記しています。

 

そして深刻な景気後退の場合、S&P500は2888ポイントまで下落
すると予想しています。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-10-26/RKCGH7T1UM0W01?srnd=cojp-v2-markets

 

きのうカナダの中央銀行が予想を下回る利上げを発表し、米金利
も下げましたが、米国での今後の利上げ幅縮小を織り込んで連れ
安したということもあると思いますが、もう一方の見方として
ナスダックのさえない決算からもう一段の株安を警戒して株式
から債券への資金シフトが一部起こったのでは?という見方も
できます。

 

「債券価格と金利」は株式で言うところの株価と配当利回り
と似ていて株価が上昇すれば配当利回りは低下するように、
金利が下がるということは債券が買われたことを意味します。

実際に過去の利上げ停止、その後の株価の推移を振り返ると以下になります。

 

(FFレート【政策金利】とS&P500指数の推移)

 

ご覧のように利上げを停止してからほどなくして、
「●●ショック」が起こっています。

 

2000年のコロナショックは金融政策や政府の政策ミスでという
わけではありませんが、奇しくもこのときも2015年12月から開始
された利上げを停止し利下げに転じ始めた2019年の翌年に
未曽有のウイルスの感染拡大というパニック売りが起こりました。

 

よって今回も過去と同じ展開になればもう一段安はまだこれから
やってくる可能性があると警戒はしておいた方が良いと思います。

 

ただ勘違いしてほしくないのが、上述していることは数日後や
年内に起こるというような話ではなくて、利上げを停止してから
しばらくして起こることなので来年以降の話になってきます。

 

目先は11月2日に予定されているFOMCで12月から利上げ幅縮小を
するかも?というコメントが発信されるかどうか、それにより
年末株高になるかどうかが決まる大きなイベントとなります。

 

※内容については万全を期しておりますが、その内容を保証する
ものではありません。

 

また当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の
責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、ご自身の判断で
行っていただけますようお願いいたします。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

◆マナカブ公式ブログ
https://manakabu.com/blog/

 

◆Twitter
https://twitter.com/manakabu

◆Facebook
https://www.facebook.com/manakabucom

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を
負いません。投資に関する最終的な決定は、ご自身の判断でなさるように
お願いいたします。


一覧に戻る

ページトップへPAGE TOP