参加者限定!特典プレゼント!

無料セミナー日程を確認

REPORTレポート

◆米市場、またもトレンドに跳ね返され反落か

2023.01.31 レポート

いつもお世話になっております。マナカブ.com講師の中山です。

 

◆きのうの日米株価指数終値

 

日経平均株価 27,433.40 +50.84
TOPIX 1,982.40 -0.26
マザーズ 773.76 +2.80
NYダウ 33,717.09 -260.99
ナスダック総合 11,393.81 -227.90
S&P500指数 4,017.77 -52.79

 

週明けの米国市場は3指数揃って下落する展開となり、ダウは
7日ぶりに、ナスダックは3日ぶりの反落となりました。

 

明日にFOMCを控え、年明けからナスダックが概ね右肩上がりで堅調
に推移していたこともあって、利益確定売りが先行し、取引序盤から
終始売り優勢の一日となりました。

 

今回のFOMCでは0.25%の利上げと利上げペースが鈍化する見方が
強い中、ターミナルレート(政策金利の最終到達点)が5%超に
なるまで利上げが継続するとの思惑もあり、金利上昇を警戒した
売りから取引終盤にかけて強まる展開でした。

 

きのうもお伝えしたように今週は本日の半導体関連のAMDの
決算発表を皮切りに大手ハイテク株の決算が控えていることも
あり、持ち高調整の売りが出ている状況。

 

個別銘柄では先週末にバイデン政権による最先端半導体技術の
対中輸出規制で日蘭と共同で規制強化に乗り出したことで、
半導体のエヌビディアが▲6%弱の下落、オランダの半導体関連
であるASMLホールディングスも▲2.5%の下落となっています。

 

日本でも、特に地域別売上高で中国のウェイトが28%と高い
東京エレクトロン【8035】などが影響を少なからず受けるものと
思われます。

 

 

◆米市場、またもトレンドに跳ね返され反落か

 

(S&P500・週足チャート)

 

S&P500の年初来パフォーマンスはナスダック主力株がけん引して
くれたこともあって、業種別では自動車関連が+36.1%、
半導体関連が+17.2%、メディア・娯楽が+16.6%と昨年売り
込まれてていたセクターほどよく買い直されている印象です。

 

しかしながら、上図S&P500の週足チャートでは、未だに昨年
から続く下降トレンドから抜け出せず、今回も下降トレンドの
中での戻り高値を試しにいき、足元で高止まりの踊り場に
立たされている状況で、ここから下降トレンドの呪縛から
脱却できるか、再び反落しトレンド継続となるかは今週の
イベントに罹っていると言っても過言ではないと思われます。

 

今週はFOMC、そしてきのうもお伝えしたようにメタ、アップル、
グーグル(アルファベット)、アマゾンと大手ハイテク企業の
決算を控えます。

 

FOMCでも材料出尽くしにならず、これら主要ハイテク株の決算を
無事通過することができれば、もう一段高の可能性がありますが、
先行きに弱気の見通しなどが相次げば失望売りによる反落リスク
もあることに注意が必要です。

 

テクニカル的にも相場の過熱感を示す値上がり銘柄数と値下がり
銘柄数の比率から算出される騰落レシオは

 

1月30日(月)

 

・日経平均株価 128.95(122.27)
・NYダウ 136.72(147.94)
・ナスダック総合 120.81(127.99)

 

と、日米ともに過熱感と認識される120を越えており、きのうは
米市場が反落となったことで前日よりもやや低下しましたが、
ダウの140オーバーというのは昨年の8月半ばに6月安値から
戻り高値を付けに行った株価ピーク時と同じ水準です。

 

1月は月末まで割と堅調な動きをするとお伝えしていましたが、
その通りになったとみていますが、ここからは昨年末からの日米株の
急回復、テクニカル敵に見ても過熱感ということを考えればここから
さらに一段高というのはあまりにも出来過ぎた話になり、無いとは
言えませんが、過去の経験則からすると利益確定優先、キャッシュ
比率を高めたうえで2月相場に臨むのが賢明な策とみています。

 

 

 

※本日の経済キーワード※

 

【騰落レシオ】

 

値上がり銘柄数と値下がり銘柄数との比率を用いて、今後の過熱感、底値
感を探る指標。

 

一般的に、120%を超えてくると買われ過ぎ。

80%台以下になると売られ過ぎと捉えられるオシレーター系(MA、MACD、
RSI、ストキャスティクス等)の指標となる。

 

また一般的には25日期間の値上がり銘柄数の合計を値下がり銘柄数の
合計で除して100を乗じたものが使用される。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

◆マナカブ公式ブログ
https://manakabu.com/news/

 

◆Twitter
https://twitter.com/manakabu

◆Facebook
https://www.facebook.com/manakabucom

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を
負いません。投資に関する最終的な決定は、ご自身の判断でなさるように
お願いいたします。


一覧に戻る

ページトップへPAGE TOP