参加者限定!特典プレゼント!

無料セミナー日程を確認

REPORTレポート

◆今晩のFOMCの利上げ確率は0.25%利上げが98.7%に上昇

2023.02.01 レポート

いつもお世話になっております。マナカブ.com講師の中山です。

 

◆きのうの日米株価指数終値

 

日経平均株価 27,327.11 -106.29
TOPIX 1,975.27 -7.13
マザーズ 775.93 +2.17
NYダウ 34,086.04 +368.95
ナスダック総合 11,584.55 +190.74
S&P500指数 4,076.60 +58.83

 

きのうの米国市場はハイテク株を中心に買いが優勢となり、3指数揃って
反発となりました。

 

きのうはドイツの12月の小売売上高が公表されましたが、結果は前月比
で▲5.3%(予想+0.2%)、前年同月比でも▲6.6%(予想▲1.8%)と
予想を大きく下回ったことからドイツの主要指数DAXを中心に欧州株が
下落。

 

しかしその後に発表された10-12月期のユーロ圏のGDPの発表では、
前期比で0.1%(予想▲0.1%)とプラスの伸びとなったことで
下落していた欧州株の持ち直しがみられ、米市場の取引開始と
なりました。

 

米市場では朝方発表された10-12月期のECI(雇用コスト指数)が
発表され前期比で+1.0%増(予想+1.1%増)となり、伸びは
前四半期の7-9月期の+1.2%から鈍化し、約1年ぶりの低水準
となりました。

 

労働市場でのコスト増が鈍化となれば、インフレ抑制にもつながる
ことから米長期金利が下落、株高の支援材料となりました。

 

個別銘柄では、22年10-12月期決算が大幅な増収増益となったGM
が+8%と大幅上昇したほか、金利が低下したことで決算前にも
かかわらずGAFAMの主力ハイテク株や半導体関連も上昇。

 

一方で、決算を発表した重機のキャタピラーは売上高・利益ともに
市場予想を下回ったことで▲3.5%の下落。
決算は増収増益だったマクドナルドは先行きのインフレの影響を
示唆し▲1.2%の下げとなっています。

 

 

◆今晩のFOMCの利上げ確率は0.25%利上げが98.7%に上昇

 

(2月1日FOMCでの利上げ確率)

 

きのうの10-12月期の米ECI(雇用コスト指数)の低下を受けて
今晩のFOMCでの利上げ確率は前日の97.6%から98.7%と上昇し、
ほぼ0.25%となることがほぼ確実となりました。

 

注目は実際の結果ではなくて、その後に予定されているパウエル議長
の会見ですが、今後の利上げペースについてハト派的なコメントが
出るようであれば、一段高。

 

一方、足元の株高をけん制して再びインフレ率の上昇を懸念して、
タカ派の姿勢を貫けば株安となります。

 

市場はインフレ鈍化を喜び、今後利上げペースの鈍化、そして
年半ばの利上げ停止を期待した株高が続いていますが、FRBが
物価目標としている2.0%にはまだほど遠く、中途半端に期待を
させて株高が恒常化しインフレ抑制の足かせとなってしまっては
元の木阿弥です。

 

個人的な予想としては会見でハト派コメントが出れば株高継続。
一方で、タカ派発言、またはどちらとも捉えられるコメントが
出れば材料出尽くしから株安になるものとみています。

 

FOMCを無事通過できたとしても今晩からメタ(フェイスブック)
をはじめハイテク企業の決算発表、そして今週末には12月の
雇用統計を控えており、重要イベント目白押しです。

 

加えて、日本でも10-12月決算、3月決算企業であれば3Q決算が
ラッシュとなってきます。

 

個別銘柄では決算プレイの動きが顕著になりやすくもなるため
保有している銘柄の決算発表日くらいは必ず押さえて持ち高を
調整しながら今月半ばまで過ごすようにするのが安全です。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

◆マナカブ公式ブログ
https://manakabu.com/news/

 

◆Twitter
https://twitter.com/manakabu

◆Facebook
https://www.facebook.com/manakabucom

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を
負いません。投資に関する最終的な決定は、ご自身の判断でなさるように
お願いいたします。


一覧に戻る

ページトップへPAGE TOP