参加者限定!特典プレゼント!

無料セミナー日程を確認

REPORTレポート

◆決算は決して悪くないのに売られる理由

2023.10.27 レポート

いつもお世話になっております。マナカブ.com講師の中山です。

 

 

◆きのうの日米株価指数終値

日経平均株価 30,601.78 -668.14
TOPIX 2,224.25 -30.15
マザーズ 632.29 -15.08
NYダウ 32,784.30 -251.63
ナスダック総合 12,595.61 -225.62
S&P500指数 4,137.23 -49.54

 

きのうの米国市場はハイテク株中心に売りが広がり3指数揃って続落
となりました。

 

前日にメタプが発表した7-9月期決算は好調だったものの、中東情勢の
悪化を受けて顧客の広告費の支出に弱さがみられるとして先行きに
慎重な見通しを示したことが嫌気されハイテク株全般に売りが拡大。

 

朝方発表された7-9月期の米GDP速報値は、前年同期比4.9%増と市場
予想の4.7%増を上回った一方で、7-9月期の食品とエネルギーを
除くコアPCE(個人消費)は2.4%と前四半期の3.7%から鈍化し、
市場予想も下回ったため米長期金利は低下しました。

 

金利は低下したものの、GDPが10-12月期は鈍化するとの見方に加え、
それと共に高PERのハイテク株の成長も鈍化すれば金利との比較で
割高感が強まるとの見方が相場の重石となりました。

 

個別銘柄では、アップル、マイクロソフト、グーグル、アマゾン、メタ
の主要ハイテク株に加えて、エヌビディア、テスラも下落。

 

日本のキオクシアとの統合交渉の打ち切りが伝わった半導体メモリー
のウエスタンデジタルが▲9%超の大幅安。

 

通期の見通しを下方修正した物流のUPSが売られ、同業のフェデックス
も下落。同じく慎重な見通しを示したクレジットカードのマスターカード
が下げ、同業のビザにも売りが波及しました。

 

一方、7-9月期決算で売上利益ともに予想を上回ったIBMやメルクが
上昇したほか、中国の小売業者がiPhone15の大幅値引きを実施している
ことで消費喚起につながるとしてアリババ、JD.com、ピンドゥなどの
中国のEC関連が揃って上昇となっています。

 

取引終了後に決算を発表したアマゾン、インテルはともに売上、利益
が市場予想を上回り時間外取引で上昇しています。

 

 

 

 

◆決算は決して悪くないのに売られる理由

 

米国では先日もお伝えしたようにS&P500の採用企業の8割が市場の
期待を上回る決算を発表しています。

 

ところが決算が良くても売られる、または上昇しても一時的で利益
確定売りに押されて下げるという展開となっています。

 

(マイクロソフト・日足チャート)

 

24日マイクロソフトが決算を発表し、クラウド事業が好調で予想を上回る
好決算を発表しましたが、その内容がまるでなかったかのような行って
来い相場となっています。

 

グーグル、メタも同様に決算自体は市場予想を上回る結果となりましたが、
売られています。

 

この好決算なのに売られている理由の一つとして考えられるのが、今後の
見通しです。

 

足元では好調な内容であっても、投資はこれから先が重要であり、今後、
景気後退による広告の出稿数の減少などが懸念材料となっていて買いが
続かず売り込まれている状態になっているものと思われます。

 

以前にもお伝えしましたが、米国は来年以降、FRBが見通しているGDP
成長よりも実質金利が高い状況が続く可能性があり、成長率よりも
金利が高いのであれば、お金を借りて投資をしてもマイナスになると
いう状況を示します。

 

ましてや中東情勢が緊迫化しており、物価高再燃の可能性もあるため
簡単に利上げを止めたり、利下げに転じるということも難しく、FRB
によって非常に難しいかじ取りの場面となっています。

 

金利の高止まり、そして来年以降の成長の鈍化懸念というのが足元の
米国株への投資を手控えさせている一つの要因であるとみています。

 

受講生の皆さんには以前にも米国企業へのヘッジの取り方をチャット
ワークで示してあるので逆に利益になっている方もいらっしゃるかと
思います。

 

一時的な反発はあってもそこが戻り売りの場面となる可能性が高く、
ヘッジはまだまだ続けていきたいと思います。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

◆マナカブ公式ブログ
https://manakabu.com/news/

 

◆Twitter
https://twitter.com/manakabu

◆Facebook
https://www.facebook.com/manakabucom

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を
負いません。投資に関する最終的な決定は、ご自身の判断でなさるように
お願いいたします。


一覧に戻る

ページトップへPAGE TOP