NEWS&TOPICSニュース&トピックス

◆225先物は50%押しで下げ止まりか

2023.12.11 レポート

いつもお世話になっております。マナカブ.com講師の中山です。

 

 

◆きのうの日米株価指数終値

日経平均株価 32,307.86 -550.45
TOPIX 2,324.47 -35.44
グロース 674.87 -7.41
NYダウ 36,247.87 +130.49
ナスダック総合 14,403.97 +63.98
S&P500指数 4,604.37 +18.78

 

先週末の米国市場は雇用や消費指標を受けて3指数揃って終値ベースで
年初来高値更新となりました。

 

週末に発表された11月の米雇用統計では雇用者数が予想18.0万人増に対して、
19.9万人増の伸びとなり、失業率も3.9%の予想から3.7%と低下したことで
利下げ期待はやや後退し金利は上昇。

 

金利上昇を受けて朝方は下げてのスタートとなりましたが、景気が底堅い
との見方が強まりプラスに転換。

 

加えて12月のミシガン大学消費者態度指数も予想を上回る良好な結果と
なったことも支援材料となりました。

 

ダウは続伸し1週間ぶりに年初来高値を更新、ナスダック指数も約5か月
ぶりに年初来高値を更新、個別銘柄では、景況感の強さから、銅の
サザンカッパー、フリーポートマクモランなど資源関連が大幅高。

 

タイ航空から787ドリームライナー約80機の受注が近いと報じられた航空機
ボーイングが買われたほか、ゴールドマン・サックス、シェブロン、
インテルなどが上昇し、ダウ指数を押し上げました。

 

一方で消費のセンチメントが堅調ということでデフレ関連の1ドルショップ
のダラーツリーやダラーゼネラルなどが下落し、金利が上昇したことで
金関連のニューモントなども下げました。

 

 

 

◆225先物は50%押しで下げ止まりか

 

日経平均株価は11月24日に付けた終値33625円から週末の終値32307円ま1300円超の
下落となりましたが、週末夜間の先物取引では反発が見られています。

 

(225先物・日足チャート)

 

上図で示しているように高値からちょうど50%下押しした水準で反発をみせて
いることから、今週13日のFOMCを無事通過することになれば、年末高の可能性
もまだ残されています。

 

インフレも落ち着いてきており、ミシガン大学調査の長期の期待インフレ率も
12月調査では2.8%まで低下してきており、FRBが目標とする2%の物価に近づいて
いることもあって、インフレが再加熱しない限りは追加利上げはないと思われ
ます。

 

よって12月のFOMCでは追加利上げは行われず、焦点は来年以降の政策金利水準
となります。

 

米国ではソフトランディング期待が大きく、来年1%前後の利下げが行われる
結果となれば、これを好感して日米株価ともに大きく上昇する可能性があると
みています。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

◆マナカブ公式ブログ
https://manakabu.com/news/

 

◆Twitter
https://twitter.com/manakabu

◆Facebook
https://www.facebook.com/manakabucom

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を
負いません。投資に関する最終的な決定は、ご自身の判断でなさるように
お願いいたします。


一覧に戻る

ページトップへPAGE TOP