参加者限定!特典プレゼント!

無料セミナー日程を確認

Market日米相場概況

◆米雇用統計の丁度いい結果を受け、米市場上昇!

2024.07.08 日米相場概況

いつもお世話になっております。マナカブ.com講師の中山です。

 

 

【相場概況】

◆きのうの日米株価指数終値

日経平均株価 40,912.37 -1.28
TOPIX 2,884.18 -14.29
グロース 657.45 +3.53
NYダウ 39,375.87 +67.87
ナスダック総合 18,352.76 +164.46
S&P500指数 5,567.19 +30.17

 

先週末の米国市場は3指数揃って上昇となりました。

 

祝日後の注目された6月の米雇用統計は非農業部門雇用者数が予想19.0万人増に
対して20.6万人増と上回る増加となった一方で、失業率は4.0%の予想に
対して4.1%と0.1ポイント上回り、前回5月の数字(4.0%)からも悪化する
結果となりました。

 

雇用者数は予想を上回る増加、失業率は悪化とまだら模様の結果となったことが
労働市場の環境は強くもなく弱くもなくという見方となり、9月利下げの
可能性を後押しする格好となり、米長期金利は4.2%台へ低下。

 

金利が低下したことで株式市場には追い風となり、ハイテク株を中心に買われ
ナスダック、S&P500は連日の史上最高値更新となりました。

 

セクター別ではコミュニケーションサービス、生活必需品、一般消費財が買われ
値下がりはエネルギー、資本財、金融の3業種のみでした。

 

個別銘柄では、アクティビスト(物言う株主)のアークハウス・マネジメントと
ブリゲイド・キャピタル・マネジメントが、百貨店大手のメイシーズを買収する
ための提案価格を引き上げたことにより、同社株は一時14%超の大幅高。

 

先月最高値を更新後、もみ合っていた英半導体設計のアームがこの日は8%弱
の大幅高となり、上場来高値を更新。

 

その他半導体関連としてAMD、STマイクロ、インテルなどが買われたほか、金利が
低下したことでバリックゴールド、ニューモント、フリーポートマクモランなど
産金関連も上昇しました。

 

 

(日本市場)

 

先週末の日経平均株価は朝高し、一時ザラバ中に41,100円まで上昇し、
3月に付けた高値を更新し、史上最高値更新となりました。

 

ただその後は、米国の雇用統計や週明けからのETFの分配金捻出のための
換金売りが概算で1兆円ほど出る観測があることなどから積極的に上を買う
動きは乏しく、前日までに5日続伸でこの日の高値を付けるまでの間に1800円弱
上昇していたこともあって、後場はマイナス圏に沈む格好となりました。

 

プライム市場の売買代金は概算で4.02兆円で4日連続の4兆円超え。

 

業種別では値上がりがわずか6業種で値下がりが27業種と史上最高値を付けた日として
は中身は寂しい内容でした。

 

値上がり率上位はサービス、医薬品、その他製品など。
値下がり率上位は海運、輸送用機器、電気ガスでした。

 

個別銘柄では、5月半ばにエントリーとなったスパゴ銘柄のセガサミーHDが
東海東京証券の目標株価の引き上げが材料となり、2%弱の上昇で年初来高値を更新!

 

 

(セガサミーHD・日足チャート)

 

またCV銘柄のエイベックスが先月の1200円台を底値に1500円超まで上昇し、
仕込み
からわずか2週間ほどで30%弱の上昇となりました。

 

買われた受講生の皆様、おめでとうございます!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

◆マナカブ公式ブログ
https://manakabu.com/news/

 

◆X(Twitter)
https://twitter.com/manakabu

◆Facebook
https://www.facebook.com/manakabucom

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を
負いません。投資に関する最終的な決定は、ご自身の判断でなさるように
お願いいたします。


無料セミナーの詳細はこちら

ページトップへPAGE TOP