NEWS&TOPICSニュース&トピックス

◆ワクチン、早くて来年の早い時期に供給か

2021.11.29 レポート

おはようございます。株の学校 マナカブ.com講師の中山です。

 

【相場概況】

◆きのうの日米株価指数終値

日経平均株価 28,751.62 -747.66
TOPIX 1,984.98 -40.71
マザーズ 1,128.66 -9.62
NYダウ 34,899.34 -905.04
ナスダック総合 15,491.66 -353.57
S&P500指数 4,594.62 -106.84

先週末の米国市場は、南アのコロナ変異種、「オミクロン株」が見つかり、英国やドイツが
南アからの渡航制限を表明し、リスク回避の動きが強まりました。

 

これを受けて3指数揃って大幅な下落となり、ダウは一時1000ドルを超える下げ幅を記録し、
ことし最大の下落となりました。

すでに新たな変異種、オミクロン株はヨーロッパで感染が拡大しており、英国、ドイツ、イタリア、
オランダなどで感染者が見つかっています。

 

米国では28日に水際対策として南アを含む、アフリカ南部8か国に渡航中止勧告を発出しています。

 

日本でもオミクロン株を「懸念される変異種(VOC)」に指定し、国立感染症研究所では3つの段階のうち
最も警戒度の高いレベルに引き上げ、水際対策を強化しています。

 

◆ワクチン、早くて来年の早い時期に供給か

オミクロン株に対して、今のところすでに提供されているワクチンがどの程度効くのか分かっていませんが、
もし効かないとなった場合、ワクチンを供給しているモデルナやビオンテック各社は2022年の早い時期に
供給が可能との声明を出しています。

 

また今回の変異株について最初に警告を発した医師を含め南アの医療専門家の見解では、感染した人の
症状はこれまでのところ軽いようです。

 

しかしながら、WHO(世界保健機関)は初期の感染報告は大学生だったとし、比較的若い人はより
軽症となる傾向にある可能性があることも示唆しており、感染した場合、どの程度の症状になるのかは
数日から数週間時間がかかるようです。

 

先週末は、米国は感謝祭の祝日もあって短縮取引だったため、市場参加者が少なく、ボラタイルな展開に
見舞われました。

日本株も先物市場で27850円まで値下がりしており、金曜日の現物の終値から900円下げてます。

しばらくはこのオミクロン株のヘッドラインや思惑で乱高下する相場となってくると思われ、目先数日から
来週あたりまでは一日で上下数百円動く相場になってくるとみています。

 

この相場で無駄な損、大きな利益を手にするためには二次、三次の情報に惑わされず一次情報をしっかりと
確認して売り買いに動くことが賢明かと思います。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆11/26(金)

アイナボHD【4100】
11/1 エントリー
11/8 利食い +4.0%
11/26 利食い +2.5%

エイベックス【7860】
10/29 エントリー
11/5 利食い +10.5%
11/26 利食い +13.9%

トミタ電機【6898】
11/12 エントリー
11/15 利食い +5.1%
11/26 利食い +18.6%

・ロスカット銘柄

チタン工業【4098】
11/16 エントリー
11/26 LC -4.1%

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を
負いません。投資に関する最終的な決定は、ご自身の判断でなさるように
お願いいたします。


一覧に戻る

ページトップへPAGE TOP