無料株式セミナーについて

◆注目は本日13時発表のトヨタの決算

おはようございます。株の学校 マナカブ.com講師の中山です。

 

【相場概況】

◆きのうの日米株価指数終値

日経平均株価 29,505.93 +117.43
TOPIX 1,925.54 +1.59
マザーズ 1,264.46 -2.86
NYダウ 31,375.83 -9.93
ナスダック総合 14,007.70 +20.06
S&P500指数 3,911.23 -4.36

きのうの米国市場は小動きで指数まちまちの展開となりました。
ナスダックは小幅ながらきのうで4日続伸で最高値を更新です。

米国内のコロナの新規感染者が減少傾向にある中、経済対策の
発動への期待が広がっていて、きのうまででダウは6日続伸で
最高値更新となっていました。

マイナス材料が見つかりにくい中ではありますが、短期的な過熱感も
あり、やや利益確定の売りが出やすい一日となりました。

きのう公表された日本の街角景気を示す1月の景気ウォッチャー調査
では、現状判断DIは31.2前月比で悪化したものの、先行き判断DIでは
39.9と前月から大きく改善し、株価との相関がみられる動きになりつつ
あります。

 

(景気ウォッチャー調査と日経平均株価の推移)

GDPの先行指標ともなりやすい街角景気は過去の動きを見てもらっても
分かるように先行き判断DIが数カ月上昇傾向(2012年の下旬や16年の6月ごろ)
にあると株価も上昇していっているのが分かります。

◆注目は本日13時発表のトヨタの決算

明日は日本は祝日のため休場で薄商いとなりやすい中、本日はトヨタ【7203】
の決算発表がザラバ中に公表されます。

トヨタの今季を振り返りますと経常利益ベースでは
1Q:1182億円(コンセンサス:▲2284億円)
2Q累計:7288億円(コンセンサス:5335億円)
3Q累計:今回発表(コンセンサス予想:1兆2163億円)

と第2四半期まではコンセンサス予想を上回る良好な決算を発表しています。

まだ出てみないことには分かりませんが、先日公表された1月の国内の
新車販売台数は前年同月比で6.8%増の38.4万台と好調で、中国でも
1月の新車販売、前年同月比29.5%増の250.3万台となっており、コロナ禍でも
自動車の販売は好調です。

これを考えると3Q決算ではコンセンサス予想を上回る結果が出てもおかしくは
ないとみており、良好な決算が出ればトヨタが日経平均を押し上げて30000円
到達も今週、来週あたりでみられるかもしれません。

※内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を
負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるように
お願いいたします。