無料株式セミナーについて

◆先日ブログで紹介した●●1●が9日間で20%弱の上昇!

こんにちは、株の学校 マナカブ.com講師の中山です。

attention1

上図チャートは先日ブログでご紹介していた●●1●のチャートです。

 

http://manakabu.com/post-9652/
(秋口から大きく上昇するとみている注目銘柄)

 

以前のブログタイトルにも「秋口から上昇」と書いていましたが、思いのほか早期に上昇する展開となりました。

attention1-2

これが本日の株価の動きです。

ブログでご紹介した翌日は下げる展開となりましたが、翌々日からは底打ちし、反転上昇の兆しをみせる展開となりました。

翌日から買っていた場合、過去ブログに書いていますがすでに+10万円以上の利益が出ていると思います。

 

マナカブ生であれば授業で学ぶやり方で探せば見つけることが出来た銘柄です。

買われていたマナカブ生の方おめでとうございます^^

 

 

◆チャートを勉強するくらいなら決算書や有報の読み方を身につけるべし

なぜ上がることが分かるのか?

僕は預言者でも何でもありません。

 

個人投資家の多くの方が失敗する勉強法としてチャート分析を行うわけですが、チャートはあくまでも過去の投資家たちの売買の足跡なだけであって、そこから上がるのか、下がるのかそれを精緻に見極めることはできないと思っています。

 

この銘柄がなぜ上昇するとみたかは前回のブログで書いていましたので割愛しますが、読んでもらえれば分かるようにチャートの話など一切していないことが分かるかと思います。

 

僕もチャートは使いますが、あくまでも副次的なものとしてみておりメインは企業の中身です。

 

チャートだけで株で勝てるならば世の中の個人投資家は億万長者だらけだと思います。

そうなっていないということは、、、そういうことなのです。

 

今回上昇した銘柄もその企業のPLやBSなどの財務諸表や成長性などを勘案してのことであり、チャートの形なんてものは二の次三の次なわけです。

 

いやいや、オレ(ワタシ)はちゃんと決算短信見てるよ!

 

・・・本当にそうでしょうか??

 

 

このブログを読まれている税理士や会計士の方、決算書をご自身で作っているような会社経営者や個人事業主の方ならば分かると思いますが、決算書に出てくる「利益(営業利益、経常利益、純利益)」というものは実はいかようにしても誤魔化せてしまうのです。

 

その誤魔化しに気付かないと決算書を読んだ「つもり」になってしまっていてヤラれてしまうのだと思います。

 

業績が良い銘柄を買ったのになぜか下がる・・・

もしかしたらその落とし穴に嵌っているのかもしれません。

 

巷で売っている株の本などにも「決算書くらいは読めるようになりましょう」と書いてあったりしますが、どうやって読めるようになるのか?

 

 

そんな心配も要りません。

数はさほど多くありませんが、決算書や有報の読み方の指南書などもいろいろ出ています。

オススメは公認会計士や税理士さんが書いている指南書が良いかと思います。

 

4大監査法人が書いている本もあったりしますが、初心者の方にはやや難しいかもしれません。。。

 

 

一つ読みやすくて勉強になる本をご紹介したいと思います。

 

book1

著者の秦さんという方は公認会計さんで、彼女が書いた本書はストーリー仕立てにもなっており読みやすいと思います。

 

個人投資家だけでなく営業マンの方なども対相手先が上場企業だった場合、決算書や有報を読み解くことで戦略的な営業をするうえで知っておいた方が良い知識などが盛り込まれている良書です。

 

アマゾンなどでも買えると思いますので気になった方は手に取っていただければと思います。

 

個人投資家の多くがもっと企業の中身をしっかりと見れるような力を身につけて、投資の本質に気付き利益を上げられるようになれば本当に外国人投資家にも太刀打ちできる頼もしい存在になると思います。

 

 

 

ためになったと思ったらクリックお願いします
 人気ブログランキングへ

 

 

 

malma2
マナカブ無料メルマガ申込み

 

 

<無料株式セミナー サンプル動画>

人数限定無料株式セミナーはこちらです
http://manakabu.com/taiken

 

無料体験会受付中
無料体験会受付中